--/--/-- (--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/09/09 (Sun)
Light&Ikat


タイで買ってきた(しかも手荷物で丸くて大きくて持ち疲れた)、ライトを取り付けました♪



タイと日本は電圧が違うので、シェードのみを買い、日本のソケットセットと組み合わせました。(タイで日本対応のライトも売っているけど、高めなので。)

パンフラワーでできた、フランギパニ(プルメリア)と葡萄が付いているので、絶対ダイニングのライトにしよう!と、一目惚れ☆
でも、網網シェードのおかげで暗いです。。。(笑



こちらの布は、「イカット」と呼ぶ、インドネシアの布。
(その中でも、スンバ島のイカットなので、イカットスンバと呼びます。)

Ikat ~イカット~  (私、説明下手なのでネットより抜粋↓)
インドネシアは何百もの島々が存在し、その島々ごとに違った民族が暮らしています。
我々が「イカット」と呼ぶものは、その各民族ごとの伝統の織物の事です。
彼らにとってイカットは民族の衣服であり儀式には欠かせない大切な宝なのです。


昔、アジアンインテリアに興味を持った頃、壁に布を大きく飾るがカジュアルなイメージで苦手でしたが、布の持つ意味を知ってから興味が沸きました。
いつかバリで、色々なイカットを選り好みしたいな~☆というのが、ヨダレが出るほどの夢☆

実はこのイカットを飾っている後ろは、カーテンやブラインドをするほどでもないしな~という小窓。
この小窓のおかげで、引越してから3週間、干物女ができませんでした。(笑
Viva!Ikat!です!



*イカットは、アジアンショップMALAIKAで購入。
MALAIKAでは、「それ売り物とちゃうやろ~」ってなぐらい埃をかぶっているアイテムにビビビ!ときます。(笑
イカットハンガーはこちら(の6番)を購入。
アジアンな布でなくても、お好きな布でできるので、皆様もお試しを~☆*
Interior | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。